スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開セミナー「業務改善スキル習得」研修のお知らせ

公開セミナーのお知らせです。
りそな総研様主催で「業務改善スキル習得」研修を実施します。

●日時:2010.7.22(木)10:00~16:45
●会場:大阪産業創造館5階(研修室A)
●講師:知念 くにこ(S&Gビジネスディレクション㈱)
●受講料:一般¥30,450(りそな総研会員様は¥23,100)

【特色】
本研修では、オフィスでの業務改善のポイントや手法・進め方を具体的に解説します。
基礎知識を習得するだけで、業務改善が一気に身近になります。
さらに実習を取り入れて実際に手法を使います。
終了後「これならできそうだ」と業務改善へのハードルが下がります。


【プログラム】
1.オリエンテーション(講義)
・研修の狙いと進め方

2.「まずは改善にトライしてみよう」(実習)
講師から提示されたテーマに取り組むことで「改善」に対する考え方が変わります。

3.業務改善でプロフェッショナルを目指そう(講義)
業務改善に取り組むことの意義・基本的な知識を習得していただきます。
・業務改善とは何か
・業務改善がもたらす成果
・プロフェッショナルの仕事とは
・業務改善のための3つの視点
・業務改善の進め方

4.改善のポイントと手法:どこに注目するか?(講義)
改善のポイント・手法は複数あります。このポイントを知ってしまえば、着手しやすくなります。
「こんな簡単なことから始めたらいいのか!」と業務改善へのハードルが低くなります。
・現状把握からスタート
・プロセスに注目する
・時間に注目する
・価値に注目する
・フレームワークに注目する

5.改善の進め方(講義)
改善を進めるための手順とその過程で必要な能力・スキルについて解説します。
・改善の進め方
・問題解決能力
・情報力
・発想力
・コミュニケーション能力

6.ケーススタディ(実習)
・業務改善を考える


本セミナーは、どなたでも参加できるオープンセミナーです。
参加ご希望の方は、りそな総研様HPからもしくはFAXで申込書をお送り下さい。

※申込書ご希望の方は、お名前・住所・FAX番号をメールにて弊社までご連絡下さい。
→弊社の社名をクリック頂くとメールソフトが立ち上がります。 
S&Gビジネスディレクション㈱ 
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

公開セミナーのお知らせ

公開セミナーのお知らせです。
おかげさまで、毎年好評をいただいている内容です。


「新入社員フォローアップ」研修

■日時:2008.7.8.(火)10:00-16:45
■場所:大阪産業創造館
■主催:りそな総研
■費用:¥23,100(会員様)、¥30,450(一般)
■対象:今春社会人になられた方・新人の方々
■カリキュラムなど詳細はこちらをクリック! りそな総研カリキュラム

私は、新卒の頃から今のような仕事をしてたわけではありません。
社会人になってから○○年(笑)、様々な転機がありました。
ほとんどは周りの方が機会をつくってくださいました。
今は感謝の気持ちでいっぱいですが、
その当時はいろんなことがわからず、悩み苦しんでたと思います。
また、仕事とは何だ?ナゼ私は働くのだ?という疑問を抱いたこともありました。

この研修では、そんな自分自身の経験も織り交ぜながらお話します。
新人の頃の自分が知りたかったことを目一杯詰め込んでいます。
あれもこれも伝えたくて、いつも時間オーバー気味です。(←反省)
今の自分を見つめるいい機会ですし、この研修で学んだことは一生役に立ちます。
是非、ご参加ください。

会場で皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

自分を育てよう

好きな仕事。
嫌いな仕事。

誰にでもあると思います。
得意-苦手と分類してもいいかもしれません。
多くの場合、自然と生まれてくる感情なのでしょう。

でも、私はその好き嫌いといった感情を手放して、
あえて嫌いなこと・苦手なことに挑戦することを薦めています。
その先に新しい境地・可能性があるからです。
得意なことばかりをやっていると、
同じパターンの物の考え方・とらえ方しかしなくなります。
ところが、苦手なものを克服しようと思うと一筋縄ではいきません。
これまで自分がやったことのないアプローチで取り組まなければなりません。
七転八倒するかもしれません。
入口で相当苦しむことになります。
ほとんどの人がその入口で挫折してしまいます。
だけど、続けているうちに見えてくるものがあります。
言い換えると、続けた人にだけ見えてくるものがあります。
それが何か徐々にわかる場合があれば、
ある日突然「!」とひらめく場合もあるでしょう。
そうなるとシメタもので、
その分野を得意にしていた人がまねできないような切り口や技術を身につけています。

気がつけば、苦手意識を持っていた自分というのが遠い昔に思えます。
本気で自分自身を伸ばそうと思うなら、
自分自身の最大の支持者であると同時に、
厳しく突き放すことも時には必要なのです。

いくつかの苦手分野を克服した私が言うのだから、間違いありませんよ。

ただいまカリキュラム策定中

20080229.jpg

今、ある研修カリキュラムを策定中です。
確認したい資料や、自分でつくった資料が多すぎて、
自分のデスクではもう広げられなくなりました。
共用スペースを侵食中。(笑)

テーマは、「元気が出る講座」。
もともと私の研修で合間を見てはお話していたことなのですが、
編集し直しています。
今回はなんと、衛星放送システムを使っての研修。
研修会場にあるのは大型のテレビで、
その画面に私が映し出されるという仕組み。
テレビ映りは気になりますが、それより気になるのは各種のワークの進め方。
画面を通していることが気にならないようなワークにするには、
何をどのように進めたらいいだろう、とあれこれ思案しています。

・・・楽しいです。(笑)
つくづく、私はこうやって考えながらつくる仕事が好きなんだと実感しています。
とは言いつつ、そろそろ締め切りです。
熱中すると、より良いものを求めてつい期限ぎりぎりまで粘るのは悪い癖かもしれません。
仕事をしながら、自分自身の色んな面に出会えるなんて、うれしい限りです。

対峙する(その1:就職活動編)

最近、大学に行って講義をする機会を頂戴しています。
大学で何をするかというと、就職活動を目前に控えた学生の方々に面接対策についてお話をするのです。
簡単に流れや動作・受け答えのルールを説明して、模擬面接まで行います。
「模擬」とはいえ、真剣です。
面接初体験の方の緊張感がこちらにも伝わってきます。
相手の方の受け答えで印象に残ったのが次の質問。

①なぜ、この業界を志望されているのですか?
②自己PRをしてください。
③大学で○○を学んでいる理由は何ですか?

①は比較的答えやすいと思います。
「業界」に対して感じている魅力を言えばいいのです。
②は、すらすら言える人、言えない人に分かれます。
すらすら言えるのに、なぜかPRになってない人も中にはいます。(笑)
これについては、また後日書こうと思います。
③は、答えられない人がほとんどの様子。
大学入試の段階で、進学する理由が明確な人は少数なのが現実なのでしょう。
ほとんどの方は成績や経済的な理由、ロケーションといったことが進路を選ぶファクターになっているのではないでしょうか。
実際、私もそんな1人でした。

それはそれでいいと思います。
今から、その専攻している分野の良さを見つけたらいいのです。
something、学問として定着するだけの何かがあるから、
わざわざ大学でその学科が存在しているのです。
その学問の中から自分だけが感じる面白さ・良さを見つける力があるかどうか。
2年なり3年という時間の中で、自分がやってきたことにしっかり向き合って、何かを見つけられるかどうか、が大事なんです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。