スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか返事ができない人達

毎年新人研修として様々な企業を伺います。

今年の新入社員の皆さんと接していて非常に気になったことがあります。

それは、「リアクション」がない人が多いということです。

「今解説したことについては、わかりましたか?」

「何か質問はありませんか?」


と問い掛けても、全員が黙って私を見つめ返す。

「山田さん」と呼んでも、返事はなく黙ってこちらを見た時には「うそでしょう!?」と叫び声をあげそうになりました。

それが1人や2人ではない上に、どこの企業に行ってもかなりの割合でそういう人がいるのです。

さすがにある場所でたまりかねて、尋ねました。

「あなたは今私が尋ねたことに対してうなずくわけでもなく、返事もしませんでしたね?

お隣のあなたもです。

私の言葉の意味がわからないのですか?

それとも、研修を受ける気持ちがないということですか?

或いは返事をしない・一切リアクションをしないということはあなた達にとって何か特別な意味があるのですか?」


そうすると驚く答えが返ってきたのです・・・。

「リアクションをしないことで相手の話に対して、自分自身の意見は何もない、ということを表しているつもりです。」

それに対する私の回答。

「私があなたの意見を求め、あなたがご自身の意見がない時には、言葉でそう伝えてください。

黙って見つめられても、私にはあなたのその気持ちはわかりません。(苦笑)

あなたならわかりますか?(首を横に振る)

そうでしょう、私は聴く気がないのか、と思いました。

それから、先程の私の問い掛けは『わかりましたか?』でした。

あなたの意見を求めていますか?(ハットしたように首を横に振る)

そうですね、私の質問に対しては『はい』『いいえ』となるでしょう。

『わからなかったので、もう一度説明してください』というのもあるかもしれません。」




・・・まるで小学校の先生のように「返事」をしなさい、と諭したのです。

何がどうなったら、返事をしないのが平気になるのだろう?

そういう生活を送ってきたからなんだろうなあ・・・。

さて、皆さんは、「返事」をちゃんとしていますか?

返事の仕方次第で、話の流れは間違いなく変わります。

一度相手をしっかりと受け止めるつもりで、返事をしてみてください。

コミュニケーションの質が変わるはずですから。
スポンサーサイト
プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。