スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事前のコーヒー

風邪薬のせいか、ぼーっとした頭のまま出勤しました。

仕事は山積みなのに、この状態はいかんなあ、と思いつつ今朝配信されているニュース類をチェックしていて、目に止まったのが日経ヘルスのメールマガジン。

先月配信したニュースの中で「コーヒー」に関する記事が好評でアクセス数が多かったそうです。その内の一つ「コーヒー豆は焙煎の深さと種類で効能が違う」という記事が興味深かったので、ご紹介。



コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を興奮させ、眠気や疲れを取ったり、集中力を高めるといった効果があることは、よく知られています。

その他にコーヒーには精神を安定させ、疲労感の軽減に有効だったとする複数の報告があり、焙煎の種類によってその効果が違うことが明らかになりつつあるそうでう。「深煎り」では、ほかの焙煎に比べ、感覚・情緒などをつかさどる右脳後部に最も強いα波が観察されておりリラックス効果が大きいと考えられています。

更にコーヒー豆の種類による違いを比較する実験を行ったところ、グアテマラ種が最も多くα波が出たそうです。(ブラジルサントス、グアテマラ、ブルーマウンテン、モカマタリ、マンデリン、ハワイコナの6種類で比較。)



と、ここまで読んでから事務所に置いてあるコーヒーをチェックして、思わずにやり。

頂き物のグアテマラ種のコーヒーがあったのです。

早速淹れて飲みました。

頂戴した時から、美味しいと事務所内・お客様にも好評だったこのコーヒー、「効能」を知ってしまうと更に美味しくありがたく感じられました。ぼーっとしていた頭もスッキリ。いや、これは「効能」という言葉の暗示にかかっているだけなのかも。



老若男女を問わず、コーヒー・お茶の類を好まない人はいないのでは・・・?

効果・効能はさておき、ブレイクの時間を上手に取るだけでもその後の仕事の進み具合も変わってくると考えられます。

私の場合は根がお茶(コーヒー含む)好きなので、余計にそうなんですが。













(写真:さっき飲んだコーヒーのラベル。京都のワールドコーヒーという会社のものです。)

ブログランキング

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。