スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPodと関連グッズ

Apple Computer社のiPodが相変わらず売れ、その関連グッズも絶好調なのだとか。

iPodとその関連グッズが売れている理由として次のことが考えられます。

機能・軽さ・デザイン・汎用性(マッキントッシュ・Windows両方のOSに対応)といった特徴に加え、ポータブルオーディオプレーヤーがどんな場面で使われるかを想定した或いは新たな可能性を提供した、ということです。

もっと言えば、どんな時に音楽がほしいのか、ユーザーの視点をうまくつかんだのです。



外に「音楽」を持って出かける、

例えば、どんなシーンが考えられるか?

1人でヘッドフォンを使い心行くまで自分の好きな音楽に浸りたい時もあれば、

車という空間の中で聴きたい時もある、

海や山、公園でスピーカーを使って聴きたいかもしれない、

仲間で一緒に聞きたい時もある。

iPodは、こういうシーンでの利用に耐えられるつくりになっており、更にiPodに連携した関連グッズ(実に400種を超える!)は、更にシーンのバリエーションを増やしてくれます。

なおかつiPod対応だとデザインに統一感があって、「おしゃれ」感もあるのです。



本来なら、ソニーが得意としていた分野なのにすっかり水をあけられています。

私個人は、ソニーがポータブルプレーヤーのパイオニアであることに敬意を表して、カセット・CD・MDと形態が変わっても同社製品を愛用してきましたが、ここに来て欠点が気になってきました。つぶれやすい・機能の独自性が強すぎて操作しづらい・関連製品が充実していない・・・などなど。

私が一昨年買い換えた録音機能付のネット対応MDプレーヤーは、特別使いにくいのです。

更に、メタリック調など本体のデザインが良くてもヘッドフォンやスピーカーなど付属関連のヘッドフォンがあまりにちゃちでださいことも・・・。

ソニーはふたたびクールになれるか、という記事ではソニー米国法人CEOがiPodに影響を受けて開発体制が変わりつつあることを語っています。

「技術」ありきの開発体制を改めて、ソフト部門と強力に連携するそうです。

また斬新な製品が出てくるのはいつのことか?

(後半は珍しく、愚痴になってしまいました。)



ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。