スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モテる中間管理職養成講座】清潔感のある着こなし(その1)

最近は、スーツもずいぶんとお手ごろ価格で質の良いものが買えるようで、全体にこざっぱりした印象の人が増えた気がします。特に若い男性に。

中間管理職層にもぜひともがんばってほしい・・・。



高いスーツだからおしゃれ・清潔感がある、ということではなくて、要はどこに気をつけているか、が大事なのです。

たいていの方が、紺・グレーといったダークスーツを着用されていると思います。靴も黒や茶色で、スーツのトーンに合ったものでしょう。

では、靴下は?まさかスポーツソックスなんて・・・。

妙にかわいすぎる色・柄というのもそこだけ浮いてしまいます。

よほど個性を売りにしたい人以外は、全体の「統一感」を大事にしましょう。

それから、スラックスの長さ。

デザインによって股上の位置が変わるので、必ず試着・鏡で裾の位置を確認して自分に合った長さに調整しましょう。必ずそのスーツに合った靴を履きましょう。

長すぎると知的な印象から遠のき、短すぎると貧相なイメージになります。

靴のかかと部分にかかるかかからないかぐらいの長さがベスト。

但し、デザインによって裾丈が若干変わってきます。

ゆったりしたシルエットの場合は、やや長め、タイトなシルエットの場合はやや短めの方がバランス的には良いです。スーツにも流行りがありまして、ここ最近は細身・タイトが主流になってきております。



よく言われることですが、靴は手入れしましょう。

安いスーツでも足元がびしっと締まっていれば、スーツも実際の価格よりよく見えるし、その人全体の印象も変わるから不思議です。

ある男性(中間管理職)が、決してカッコよいとは言えないスーツ・シャツ・ネクタイの組み合わせだったのですが、とてもおしゃれ・かわいい・上質そうな靴を履いていました。

「あ、今日はこういう組み合わせだけど、この人本当はこういう趣味なのかな。」といいように私は解釈しました。

そして、その逆も然り。高級なスーツも足元がだらしなければ、たちまち色あせて見えてしまいます。長くなってきたので、続きは次回に。









(写真:ハーゲンダッツの抹茶黒みつ。美味しゅうございました。

次回更新:3月25日(金)予定。

ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。