スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の向こうで

職場で受ける電話には、気を遣っているつもりです。

しかし、先日自宅で友人からの電話を受けた際てっきりセールスの勧誘と勘違いして、とても無愛想な声で出てしまいました。

非常に反省して、それ以来電話での声・話し方に一層気を遣うようになりました。



普段からビジネスマナー研修で「電話の声」というのを取上げるのですが、これが実に面白いのです。

受講している人全員に目を閉じてもらいます。

私は、全く同じ文章を何回か読み上げます。

最初は、普通に。

次も抑揚のつけ方・声の大きさは全く同じで読むのですが、口角をあげて(つまり微笑みながら)読むのです。

そして、目を開けてもらい、どう感じたかを尋ねるとびっくりするような感想が返ってきます。

人の聴覚・感性ってすごいなあ、表情の果たす役割っておおきいなあ、とつくづく感心。



要は微笑むと、身体的にある種の変化が生まれて、やわらかくて相手が聞きやすい声になるのです。

それよりもっと大事なのは、話し手が普段どおりに話していても、聴覚だけに頼ると異なる印象(たいていは良くない印象)を与えてしまうので、電話の受け答えは注意が必要だということ。

私も含め中堅やベテランの社会人ほど、慣れてしまっておざなりになっています。

研修でリフレッシュさせてもらったおかげで、ここ数日電話で話しながら満面の笑みをたたえております。相手の人、この顔見たら驚くだろうなあ、というくらい。















(写真:友人が送ってくれた菜の花の写真)

ブログランキング

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。