スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分自身を象徴するもの(1)

またもダヴィンチ・コードネタで恐縮ですが、あまり面白かったので「天使と悪魔」も読んでしまいました。

ダン・ブラウンの小説には「象徴学」がふんだんに取り込まれていますね。

西洋文化では「薔薇の花」が女性そのものを象徴する、などといった数々のエピソードに歴史や文化の深さを感じます。



さて、この「象徴」なのですが、実は私たちの周りにも沢山あります。

全てのものは「象徴」だと言ってもいいほどです。

赤のラベルの清涼飲料水といえば、コカ・コーラ。

コカ・コーラ社は、この赤という色に「コカ・コーラを飲んで楽しく、にぎやかに!」というメッセージを込めたと言われています。

身の周りにある製品・サービス・建物など、目にするもの全てが「何らかの象徴」なのです。

そして、象徴するものは「モノ」だけではないのです。

人間の「行動」が、何らかの象徴として取られることもあるのです。

威厳を示す為に足を組む、咳払いをする、

不満や怒りを表す為に大きな音を立ててドアを閉める、などなど。

知らず知らずのうちに取っている行動もあれば、自分で意識的に感情・考えを象徴させることもできます。

「気持ちを整理するために掃除をする」

「明るい気分を表すために、元気な声で話す」

「大事な商談なので、お気に入りの靴を履いてみる」などなど。



自分自身のいい面を象徴する行動パターンを探ってみると、とても面白いです。

ということで、私は今日の午後はデスク周りを掃除します。

気持ちの整理云々以前に、乱雑に積まれた書類が溢れてきているからなんですが・・・。(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。