スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実現可能なこと。

遅ればせながら、JAXAのシニア・フェロー川口淳一郎さんのインタビュー記事を読みました。
確認したいことがあったんです。
川口さんは、「はやぶさ」のプロジェクト・マネジャーを務めた方です。

インタビューの中で、ハッとしたことがあったので、引用します。
(「ハーバード・ビジネス・レビュー」2012年9月号より)

インタビュアーの、ベストよりベターの選択を積み重ねていくということでしょうか?との問いに対して。

『ベターというのも言うな、と言ってるんです。
私たちは、業界用語で「フィージビリティ(実現可能性)」と言いますが、
「フィージブル」な答えであればいい。
合格点であればいいのです。
ベストあるいはベターである必要はありません。
時間的にもう少し効率的なものがあるかもしれない、
ほかにもいい候補があるかもしれない。
けれど、予定されているスケジュールにはまるのであればよしとして、
それを選択していくということです。』

ベストを求めたり、全ての情報・技術を網羅しようとすると、
却ってそれが足枷になってしまい、身動きが取れなくなることがあります。
今できることや、今持っている能力に気づかずに
今できない・持っていないものばかり追いかけてしまうからです。
やってみないとわからないことはたくさんあって、
わたしたちはそこからたくさん学び・得ることができるのに、その機会すら失ってしまいます。

それはわかっていたし、気をつけていたつもりですが、
最近の自分自身を振り返ってみると、常に「ベター」を求めてたな、と。
より良いものを・・・と求めすぎて動けなくなってたのではないか、と。

何か行動する際の選択肢として3つあると思えば、動きやすくなりますね。

①ベストを求める
②ベターを求める 
③実現可能な方法を求める
 
時間とお金に余裕があれば、①と②を選ぶことも可能でしょう。
時間に制限がある場合(仕事をする上では、ほとんどがこの条件)には、
③の実現可能性を優先するという選択肢を持っておくと、新しい発想ができると思います。

ただし。
「何のために」それをやっているのか。
ゴールはどこなのか、を明確にしておく必要がありますね。
行動はしたもののその場しのぎに終わり、
何の成果も得られなかった・・・では意味がありませんから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。