スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liveな感覚(音楽編)

先日、魚谷のぶまさトリオの演奏を聴きに堂島(大阪市北区)まで行って来ました。(魚谷のぶまさ:ベース、高岡“殿下”正人:ピアノ、能勢英史:ギター)

CD発売記念・島田和美氏の写真とのコラボレーションという中身の濃い企画に加え、魚谷氏の軽妙なおしゃべり・曲の構成・トリオの演奏スタイルがとても楽しかったのです。

デューク・エリントンのとっても古い曲を今風にアレンジしたり、

誰もが知っているクラシックの名曲が少しずつジャズになっていく過程を聴かせてもらったり・・・。

私を含め皆が一番楽しんだのは、「冬の枯葉」というまさに旬のアレンジでしょうね。ふと周りを見渡すとお客さんが皆ニコニコしながら聴いてるではないですか!

ジャズのライブで、こんなにオーディエンスが微笑んでることってありえない・・・。

「見せ方」「聴かせ方」で音楽はこんなにも楽しくなるものなのだ、と感心しました。(写真は能勢さん愛用ギブソンのギター)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。