スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応接室にて

お客様をお迎えした時、どのように応接室に案内していますか?

部屋まで案内し、ドアを開けて「どうぞ」とだけ言い残して部屋を後にしていませんか?

少し気の利く方や礼儀作法をわきまえた方なら、下座にかけて相手を待つことでしょう。

そして間もなく部屋を訪れた担当者は、慌てます。

お客様を下座に座らせて待たせたなんて、失礼しました・・・と。

これが大事な商談だったら、この段階でお客様を迎えた方はマイナスポイントです。どこが上座か間違えないようにするのは勿論のこと、お客様を応接室に案内する時には手で指し示して「こちらへどうぞ」と上座にかけてもらうよう促してから、去る方がスマートですね。



ちなみに上座とは、

・部屋の入り口から遠い

・ソファーの奥側

・絵が見える

・窓側

・景色が良い

席のことを言います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。