スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKU@レフトアローン

TOKU(ヴォーカリスト&フリューゲルホーン・プレイヤー)のライブに行って来ました。

彼のあの独特の声。

まだ30歳なのに、一体どんな経験や感情の果てにこんなに深く人のハートに響くような歌になるのだろう、といつも不思議に思います。

私同様その歌に魅力を感じる人は多いようで、会場(芦屋レフトアローン)は満員でした。

そして、ここの会場が構造上演奏者との距離がとても近く、何度も目が合うのです。今私を見て歌ってるわ・・・、と私同様多くの人が勘違いしたことでしょう。



今年は春にボディ&ソウル(東京青山)、夏に大阪南港ATC、そして今回のレフトアローン(兵庫県芦屋市)と、3回TOKUのライブに足を運んだことになります。

面白いのは、場所毎で客層が違うこと。

青山では場所柄か圧倒的に20代から30代の「お姉ちゃん」が多く、大阪南港では(無料の野外ライブだった)6:4ほどの割合で男性よりも女性の比率が高いものの年齢的には広がりがありました。そして今回は、やはり女性が多かったです。東京の客層よりは若干年齢層が高めでした。「場所柄」と「客層」って間違いなく関係がありますねえ。

(写真は、2004.3月リリースのアルバム「30(thirty)」)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。