スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古くて新しいハムレット

HEP HALL(大阪市北区)にハムレットを観に行ってきました。

200名弱の席は満員、千秋楽も既に完売だそうです。

大阪人はこんなに演劇好きだったかしら?

大阪は小劇場が少ないので、一カ所にお客が集中するのかな、

と思わず自問自答するほどの盛況ぶり。



このハムレットは現代口語訳の青春ハードボイルドという新しい切り口で、登場人物は全員ボンデージ・ファッション、音楽もノイズサウンドと結構前衛的な取り組みでした。

1つの劇団による上演ではなく、脚本・演出・美術・役者など全て各団体の様々な個性が集まり、まさにコラボレートしたものでした。

コラボレーションによる成功例や言葉のカッコ良さに惹かれて、安易なコラボレーションに走って失敗しているケースもありますが、このハムレットは非常に完成度が高かったです。

青春ハードボイルドという表現どおり全体に「動き」があって、観る人をぐいぐい引き込む強い磁力のようなものがありました。



そこでどうしてこんなにうまくいってるのかなあ・・・、と考えてみました。

おそらくは、次の理由によるものだと思われます。

1.選んだテーマ:ハムレットが上質な素材であった。

(料理にたとえると、どんなに腕の良い料理人でも素材となる食材が悪ければ、美味しい料理は作れない)

2.全体プロデュース・マネジメント担当者が優秀であった。

(どんなに素材が良くても、腕の悪い料理人だと美味しい料理は作れない)

3.各プレイヤーが日頃から十分に鍛えられていた。

(手入れされたキレのいい包丁、磨き上げられたグラス、吟味された調味料などなど)

上記のうち、どれが欠けててもこのハムレットはできなかったでしょう。

コラボレート1つとっても、奥が深い・・・。

(写真は、主人公のハムレット)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。