スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPG(ロールプレイングゲーム)が流行る理由

ファミコンのロールプレイングゲーム、私はあまりやりませんが、はまるとなかなか面白いです。最近のゲームは、シナリオ・キャラクター・画像・音など凝りに凝っているようです。

ちょうどソニーのPSPが発売された直後に、マネジメントの基本研修に同行していました。そこで「計測できないモノは管理できない」と言う言葉を久しぶりに聞いて、なぜかRPGのことを思い出しました。

普通、人間のパワーやエナジーって計測できないでしょう

数値に置き換えることができるとしても、せいぜい健康診断やスポーツテストなどの数値を代用するのが関の山。

ところがRPGって、キャラクターのパワーやエナジーが数値で表示されるんですよ。

しかも経験(大抵は敵との闘い)を積めば、そのパワーはアップし、闘いの為のツール(武器や魔法、お金などの持ち物)装備も増えていく。

ゲーム中のキャラクターは、地道に経験を積むことで「右肩上がり」に成長できるのです。

そして、ストーリー展開・キャラクターの成長をコントロールするのは、プレイヤー。

これって、意味深だと思いませんか?

ゲームそのものは最新の技術を使い、ディテールまで凝ったつくりになっているけれど、メインとなる部分はとてもシンプルでわかりやすいのです。

どんどん複雑になっていく日常生活の中で、実はゲームの世界でもどこかシンプルなモノが求められているのでは・・・と言うのは私の深読みでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。