スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGBT市場

LGBTとは、性的少数者のことを略した総称です。

具体的には、次の人達を指します。

L:レズビアン

G:ゲイ

B:バイセクシュアル(両性愛)

T:トランスジェンダー(性同一性障害者)



1/14付けの日経MJによるとアメリカでは、このLGBTに括られる人たちは概して「子供がいないため可処分所得が多い、インテリでトレンド感度が高い」

傾向にあることから、市場としての可能性に期待が高まっているそうです。

実に全人口比で5?15%を占め、消費金額ではヒスパニック市場並みだとのこと。

この数値を一体どうやってはじきだしたのか疑問があるのですが、旅行・IT・自動車産業などは、この層をハイクラス・トレンドセッターと位置づけ、彼ら・彼女たちをターゲットにした商品開発を始めているそうです。



・・・では果たして日本ではどうなのか?

確かに「マニア」「オタク」は、気に入ったモノ・サービスであれば高額でも購入する上得意客です。でも、日本ではまだ自動車・旅行など既存のサービス・商品をLGBTにしぼって開発するほどの市場にはならないかも。

・・・潜在的には存在するのか?

それなら明るくカミングアウトできるような「仕掛け」を作ると、一気に潜在化するかも?

いや、トレンドセッターと目される層が既にいくつか存在しているので、既存の枠組みを超越したカリスマ的なリーダーがLGBT層から現れることが必要かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。