スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazonでお買い物

経済産業省の調べでは、2003年度のB to C電子商取引額は4兆4千億円に達したそうです。私自身もサプリメントや化粧品・書籍・音楽ソフトを買う際に時々ネット通販を利用しています。中でもamazonは本当に便利で楽しいので愛用しています。

消費者にとってネット通販の利点は、



・24時間いつでも買い物ができること

・買い物に行く時間・手間が省けること

・キャッシュレスで買い物ができること

・在庫が豊富なこと



といった「ネット」ならではの要素が挙げられますが、それだけではここまで市場は拡大しなかったでしょう。実は、流行っているネットショップというのは、リアルな店舗以上に「アナログ」「ヒューマン」な要素が入っています。

ショップオーナーが詳細に商品説明をしていたり、その商品に対する熱い思いを語っていたり、商品購入者による評価が掲載され、「人」を介した情報が豊富なネットショップが繁盛しているのです。

不思議というか矛盾していますが、「人」との接触が求められているのですね。

私は音楽ソフトを購入する際、いわゆる大型CDショップや昔からある個人商店的なお店もそれはそれで好きで入ってみるのですが、残念ながらamazonで買う時ほどの情報は得られません。



ちなみにamazonで一番面白いと私が感じているのは、

「あなたが今選んだCDを買った他のお客さんは、こんなCDも買っています。」

と他人が買ったアイテムを教えてくれること。

amazonサイドにしてみれば、オススメ商品を試聴して気に入ったらついで買いしてくれる、関連購買を誘い単価引き上げを狙っているのですが、これが他人の買い物籠を覗いているようで案外楽しいのです。

もちろんそのオススメによって、新たな趣味の世界が広がることもあるのです。







(写真は、最近amazonで購入したCD)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。