スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテたい気持ち

昨日は、バレンタインデーでしたね。

これを読んで下さっている男性の皆様、首尾(笑)はいかがでしたか?



どんな「義理」であっても、もらうと嬉しい、という率直な感想を聞いたことがあります。

一方で「義理」「恋愛感情」といった枠を越えて、日頃お世話になっていることに対する感謝の気持ちを込めて贈る、という女性もいます。お中元・お歳暮を贈るほどではないが、丁度いい機会ということらしいです。

どんな意図で贈られたにせよ、もらったチョコレートの数はその方のおつきあいの領域や人との交流の量のバロメーターみたいのものかもしれません。

たくさんもらったということは、それだけあちらこちらで「顔」が売れているということで、やはり「モテている」ということになるのでしょう。



ところで本当に多くの男性が「モテたい」と思っているのでしょうか?

主婦と生活社という出版社から出ている「レオン」という男性向け雑誌、「女にモテる為に」路線なのです。

あまりの徹底ぶりに、いつもおかしいやら、かわいいやら呆れるやら・・・と思ってたら、何と今発売の日経ベンチャーの特集が「社長がモテなくてどうする!」

そうか、社長もモテたいのね・・・。

・・・いや、内容は「リーダーシップ」をうまく発揮して、社員に慕われている社長紹介だと思うのです。それを、切り口を軽く変えてみたという印象でした。

「モテモテ社長をつくる」というつくりにはなっていませんでした。

従来の「リーダーシップ」だと売れないのでしょうか?

「モテたい」という気持ちは、どういう人がいつまで持ち続けるものなのでしょうね?

はたまた「モテたい気持ち」を刺激することはマーケティングにどこまで有効なのでしょう。

このテーマについては、また取上げると思います。



(写真:日経ベンチャーの表紙)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chinenjin

Author:chinenjin
知念くにこ
S&Gビジネスディレクション㈱勤務
米国NLP™協会認定トレーナーアソシエート
詳細プロフィールは↓に。
http://www.sandgbd.com/staffchinen.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。